p*

koyata111.exblog.jp

カテゴリ:**ひとりごと**( 10 )

・・・


先週、お仕事関係の御葬式に参列してきました。

亡くなられたのは45歳の女性。
私と4歳違うだけです。。。
脳梗塞で倒れて、そのまま亡くなられたそうです。

やっぱり、いろいろ考えてしまいます。
子供がしっかり独り立ちするまでは、生きていたい。。。
これを達成したら、また違う欲が出てくるんだろうけど。


ここからは、長いしつまんない話です(--;
自分の気持ちの整理の為にも書いておきます。

なんか、ここ1ヶ月、ウジウジと暮していまして・・・
他人に話たら、ほんとに詰まんないことだと分かっているから、一人でいつまでウジウジとしてました(--;


言いたい事を全て言うのもどうかと思うけれど・・・
こんなにウジウジクヨクヨしてるなら言ってしまった方が楽になるかもしれない。

今死んだら・・・
何個か頭に浮かんだけれど、とりあえず
『息子に無実の罪をきせたままじゃ、やっぱりイヤだ!!』 と思いました。



夏の終わり、息子は中学時代の親友Zくんのお宅で、部活が一緒だったⅠくんと久しぶりに遊びました。
Zくんのお母さんの好意で、朝早くから夜御飯までいただき、1日楽しく過ごさせてもらいました。

が。。。
次の日の夜、Ⅰくん母からすごい剣幕で電話がかかってきたのです。
内容は
『Tくん(私の息子)が、「やめてやめて」と嫌がる息子の携帯を無理矢理奪い、間違ったパスワードを40回以上も押し続けたから携帯を初期化しないといけなくなってすごく困っているの!!
Tくんも同じ携帯(4S)を使っているのに そんなことしたらそうなるって分かっているはずでしょ??
分かっていてどうしてそんなことをするの!!
だいたい人の携帯を触るなんて非常識じゃないの!!』
etc。。。。
といきなり一方的怒鳴られました。

息子は、良い子ではないにしても特に問題を起こすタイプではないので、学校からも保護者さんからも今まで1度も、こういう電話がなかったのです。。。
なので、驚いてしまった事、そして揉めたくないっていう本能が働いてしまい、事実も確認せず謝罪しました。

息子にⅠくん母に言われた事を説明すると
『ⅰphoneは、間違ったパスワードを何度か入力したら動かなくなるし、間違ったパスワードを何回も打ち続けることなんかできひんし。それに無理矢理取ったりなんかしてない!!』 と言いました。

私は、まだスマートフォンを持っていなくて、息子の言っている意味が理解できなかったのです。。。
なので、息子本人がⅠくん母に説明したのですが・・・・
最初から聞く耳を持ってもらえず、おまけにパソコンも使ったことのない方なので、私以上に息子の言っている意味が理解できなかったようで、息子本人もⅠくん母に散々罵倒されてしまいました。。。

息子もあまりのⅠさんの勢いに説明を諦め 『すいませんでした・・・』 と。。。
そして『Ⅰくんに変わってください』とお願いすると、電話は切れました。
もう1度掛け直すと、切れたのではなくて、故意的に切ったんだそうです。。。

普通なら、当事者同士で話させますよね。。。


『なんで??・・・そんなこと出来ひんし・・・』
電話を切った後の息子は、今まで見た事のない放心状態でした。
ろくに説明を聞いて貰えず、見覚えのないことで怒鳴られ、かなりのショックだったと思います。。。
息子を信じたかったけれど、ちゃんと事実を確かめないと、なんと声をかけて良いのか分からなくて。。。

息子の話をもう1度聞いて、パソコンでⅰphoneのことを調べました。

ⅰphoneは、紛失した時の情報流出を防ぐ為に、間違ったパスワードを10回押すと、携帯が初期化しないといけなくなる機能が設定できること。(バックアップしておけばデーターは戻る)
でも、10回間違ったパスワードを打つには2時間以上必要な事。
5回間違うと数分動かなくなって、6回目間違うと、またそれ以上の時間動かなくなり、10回誤パスワードを打ち込むには2時間以上かかということを知りました。

息子の言っていた意味が、やっと分かりました。
常識なのかもしれないけれど、私は知らなくて・・・
確かに40回も誤パスワードを打つなんて不可能です。

そしてⅠくん母は、電話で 『Ⅰが「帰りの駅で数分使えなくなって、その後 夜中に全く使えなくなった」 と言ってるの!!』 と言ってたなと。。。
まさに調べた誤パスワードを打ち続けた状態だけど・・・
その時間にⅠくんの携帯を触れるのは、本人以外ありえません。

でも、なぜⅠくんが自分の携帯に間違ったパスワードを打ち続けたのかな・・・と疑問に思いました。


息子の部屋に行き 『Tが話していたこと、ちゃんと正しいって分かったから!!』 と伝えたら、
ほっとしたのか表情も柔らかくなり、ダーっと自分の思いを吐き出しました。

部屋で自分の携帯を使い、Ⅰくん母の言うようなことはならないことを何度も確かめていたようです。
私も、妹が4Sを使っているので、パソコンで調べたことが合っているのか確認してみました。
確かめずにいられなかったんです。。。。


もう何が何だか・・・
だって、前日の夜、Zくんの家に旦那さんと車で迎えに行き、ついでにⅠくんを駅まで送って行ったんです。
(我が家からZくん宅は車で20分。Ⅰくん宅からZくん宅は車と電車で50分程かかります)
駅まで20分ほどの間、Ⅰくんはめちゃめちゃ上機嫌で、ライブに行った時の話をしてくれていたんですよ!!
たまたまⅠくんの好きなバンドのライブDVDを車で写していたので、『あがるわぁ~~↑お前もギターやれよ!!早くこっちの世界に来い!!』って、息子に言ってた。
(息子は『僕は、うるさい音楽はあまり好きじゃないねん。』と苦笑いしてた。)

あの様子から見ても、Ⅰくんが息子に携帯を無理矢理取られて黙っているはずはない。。。

旦那さんも『Ⅰくんって、昨日送っていった子やんな??めっちゃ上機嫌やったやん??』 と。

私が『Ⅰくんが、うちの子に「やめてやめて~」って携帯取られてると思う??』
って聞いたら、
『ないな。』と旦那さん即答。
子供の上下関係っていうんでしょうか・・・大人から見てもなんとなく分かりますよね。


たまたま家族揃って前日に御機嫌なⅠくんに会っていただけに、狐につままれたような気持ちでした。


そしてⅠくん母。。。
私より3歳年上で、私より30cmも大きい176㎝の大柄な女性ではありますが
『冷凍食品とかレトルトなんて使ったことがないから温め方が分からないの~~』
『ガソリンは自分で入れれないの~~』 『電気代なんていくら払っているか知らないの~~』
って感じで、『分からない~~』『知らない~~』キャラだったので。。。

あれは、キャラ作りだったのかと。。。そう思うしかないような豹変振りでした。
まぁ、裏を見れば冷凍食品の温め方は書いてるしね。

友達に裏切られた息子はもちろん、私も精神的にかなりダメージを受けました。。。
その日は、いろんな事が頭を駆け巡って、眠れなかった。。。。
悲しい気持ちと悔しい気持ちとかいろいろ。。。
Ⅰくん母の電話を切った後の息子の顔も頭から離れなかった。


次の日、Zくんのお母さんに、こういう電話があったことを相談しました。
第三者であるZくんの話も聞いて、事実を確認したかったし。。。

あの日、3人はZくんのお母さんもいるリビングでテレビゲームなどをしていたそうです。
『じーっと観察してた訳じゃないけどな、
お互いの携帯を交換して音楽を聞いたりしてやったけど、無理矢理取るなんてことはなかったよ。
同じ部屋にいたから、揉めてたらさすがに気付くやろうし。
1日楽しそうに遊んでやったのに、なんでそんな事になったんやろ???
私は絶対そんな電話せえへんけど、もしするとしたら、この場合なら私に確認してからするけどなぁ。。。
(私もそう思ったーー!!)
あとZが「Ⅰくんは、遊んでる途中で、自分の携帯のパスワードを変えてやって、そのパスワードが分からなくなって、何回もパスワード打ってやった」って言ってやったわ。』と教えてくれました。

『はぁ????』と思ったけれど・・・
これで、Ⅰくんが誤パスワードを打ち続けていた理由が分かりました。

で、なぜうちの息子やったことになったの??
怒りとイライラが頭を駆け巡りました。

塾から帰った息子に、その事を話すと、息子はその事を知らなかったようで驚いた反面、安心した様子でした。
なぜ知らなかったかというと・・・Zくんのお母さんの話では、疲れが溜まっていた息子が30分ほど寝ていたらしくて・・・幼児か。。。
どうもその間にⅠくんがパスワードを変更していたようです。


旦那さんは『そもそも、なんで高校生の親が、そんなしょうむない電話してくるねん!!そんな親子相手にせん方がいい!!昔から、そういう嘘つく奴はいるし、もっと酷い目に遭わされる前に気付いて良かったと思おう。嫌な気分になるだけやから忘れたほうが良いで。』と言いました。

Zさんには『いつかⅠさんがスマホを使うようにならはったら、自分の息子さんの話がおかしいって気付かはるん違うかなぁ。怒ってる人に何を言っても聞き入れはらへんやろしなー。』と、学校の先生だけに、冷静な判断。

2人の言っていることは、とっても分かる。
高校生の男の子の保護者が、子供のことで争うなんて、恥ずかしい事だと思う。

でも・・・Ⅰくん母の息子に対する暴言が頭から離れなかったのです。
人を陥れるような嘘を付いて平気でいるⅠくんも許せなかったし。。。
そしてやっぱり、Iくんの話が事実でないことをちゃんと伝えたかった。。。

息子に『Ⅰくん母に本当のこと話した方がいい??』って聞いたら、
『僕が謝ったことで向こうが納得してるんなら、別にもうそれでいい。。。』と。
私より大人でした。
Ⅰくんの事はムカつくけれど、Zくんや彼女ちゃん、自分の大切な人達が分かっていてくれれば別にそれで良いと思ったようです。

それ以後、その話はタブーになりました。

それから1ヶ月ちょっと。。。
イライラすることはなくなったけれど、なんとなく頭の隅から離れなかった。
なんか納得いなかくて。。。


真面目すぎる息子とZくんと違い、Ⅰくんは自由人でなんでも起用にこなすタイプです。
親に嘘付いて学校や塾をさぼったりしてるetc・・・のは知っていたけれど、男の子だしこういう子の方が社会に出た時に要領よく渡っていけるし伸びたりするのかなーー。
と今まで、思っていました。。。

でも今では、その器用さもムカつくーーー。
悔しいけど、これからも器用に嘘付いて世の中を渡っていかはるんやろな・・・

真面目に頑張っている子が報われるといいいのに。。。



今思うことは。。。
電話がかかって来た時、とりあえず用件を聞いて、一旦切るべきでした。
今回の場合は、幸いにも第3者であるZくんもいた訳だし、事実確認をしてからかけ直すべきでした。

私が不甲斐ないせいで、息子にも嫌な気分を味合わせてしまいました。
もっと毅然とした対応をするべきでだったと思います。

言葉は悪いけど、Ⅰくんは人間のクズやと思う!!
でも、事実確認しないで謝罪してしまった私も親失格だったと思います。。。



御葬式から帰って数日後、この電話から1ヶ月以上過ぎていたけど、Ⅰくん母にメールしました。
『今さらと思われるかもしれませんが・・・』 と。。。

言いたい事は、たっくさんたっくさんあったけど。。。
一方的に電話してきて黙って切るって・・・ほんま有り得ないし・・・etc
人のこと言う前に、自分の方が多々非常識だろーー!!!

一応大人なので、そこは抑えてⅠくんの話が事実ではないことの説明と、できれば言い争いはしたくない事、
そして抗議の意味を込めて
『Tは我が家にとっては大切な大切な息子です。でも私は息子の話を鵜呑みにせずに、しっかり自分で調べました。』ってことも書きました。
だって、今回の事は、ちょっと調べたら分かる事ばかりやん。。。
そしたら、お互いにこんな嫌な気持ちになることはなかった。。。
Ⅰくん母みたいに後先考えずに怒りに任せて行動できるのも、ある意味羨ましいけど、これでは世の中争い事が絶えませんよね。

プライドが高い方だけに、返信はないだろうな。。。と思ったけど。。。
思った通りスルーでした。

Ⅰくんに、なぜ、そんな嘘をついたのかとか聞きたい事もあるし、ほんとはⅠくん親子に息子に謝ってもらいたい。
もやもやは完璧に晴れることはないけれど、メールを送る前より気分は楽になりました。
やっぱり息子がやってもない事に対して、やったと思われたままじゃ私はイヤ!!
バカと思われてもそれが結論でした。



息子が高校生になってからこんな電話をもらうとは・・・
おまけに言い掛りだし・・・

これって他人からしたら、ほんとにどうでも良い話ですよね・・・
自分の子供が絡むと、なぜこんなにイライラするんだろ。。。。

日々のほほんの息子くん。
今回の事も、ほんとはもっと怒っても良いんだよ!!と私は思う。。。

世の中には、信用できる人とそうでない人がいるって事を学べたかな??


いつまでもウジウジ考えていても勿体ないし、勉強になったと思うしかないですねー。
今日でウジウジ卒業します!!


誰か、最後まで読んでくれた方がおられれば、お付き合いありがとうございました~~^^
[PR]
by koyata111 | 2012-10-10 07:55 | **ひとりごと**

寂しいけど・・・


いつも独り言のような日記だけど、今日はいつもに増して、ひとりごとです。。。


息子の学校生活は、ほとんど部活が占めてしました。
休日も部活で、休みもなく大変そうに見えたけど 「楽しい!!」が勝っているようで、充実した毎日を送っていました。

そんな息子が「楽器を吹くと口が痛い」と言い始めたのは、2ヶ月ほど前。
それは、だんだん酷くなり、最近はほとんど演奏できない状態でした。

「部活を休ませて貰って病院に行こう!!」って言っても、部活は休みたくないらしく、相変わらず朝5時40分に家を出発して夜中に帰ってくるので、病院にも行けません。。。


多分、精神的なもの、それと疲労のせいかなぁ。。。。。



文武両道。
ちゃんと出来ている子もたくさんいます。

息子の中学の時の親友もその一人。吹奏楽の強豪校で進学校に通いながら成績もトップクラスで、部活でも活躍されています。
息子にとっては自慢の友達でもあり、その子の頑張りが息子の励みになっていました。
「Zくんは、部活も頑張ってるし、高校でもやっぱり成績もいいんやで!!僕もがんばらなあかん!!」
よくそう言っていました。

でも、現実は思うように成績は上がらず、家に帰ってくるのも夜中の11時。
そこから勉強をしようと思っても眠気が勝ってしまう。。。
そして、また次の日は5時に起きて学校。

少しづつ追い詰められていっていたのだと思います。
精神的にも肉体的にも。

親としては心配で 「朝練だけでも休ませて貰ったらいいのに。。。」 
何を言っても「行く!!」と。。。結局、毎日部活に行っています。
今朝も・・・・


大好きな吹奏楽。
そしてみんなの投票で副部長にも選んでもらいました。

いっぱいいっぱい悩んだけれど、部活を辞めることにしたようです。。。


担任の先生もお忙しい中、夏休みに入ってからも、息子の相談にじっくり乗ってくださったとのこと。
「今は、勉強を頑張りたい!!」
いっぱいいっぱい考えた結果、そうこたえを出しました。


部活をやめたからと言って、成績が上がる訳ではないと思います。
でも、自分で決めたことなんだから、しっかり頑張って欲しいです。


その決意を1番最初に伝えたお友達も、やっぱりZ君でした。
人との出会いで、流れが変わるのを感じた事がありますか??

大げさかも知れないけれど、息子はZ君との出会いで、ずいぶん運命が変わったと思います。
もちろん良い方にです。
それは、母である私だけが感じたのではなく、当時の担任の先生も同じように感じておられました。

Zくん、そして彼女であるFちゃん この2人に出会えただけでも、思い切って私立の中学を選択した甲斐があったとさえ、今でも思っています。


Zくんの存在を知ったのは、中学の入学式。
1番の成績で入学したZくんは、新入生の代表で挨拶されました。
同じ年とは思えないしっかりした挨拶で・・・
「すごい子がいるんやなー」って・・・・なんか別世界のお子さんのように思って見ていました。

息子と仲良くなるなんて・・・相手にもしてもらえないとさえ思っていました。

Zくんとは、同じクラスになり、そしてZくんに誘われて音符も読めないのに吹奏楽部に入部した息子。
息子だけではなく、クラスの男子全員を誘っていたので、このクラスの男子の3分の1である7人も吹奏楽部に入部したのです。

同じクラスで同じ部活だったZくん。
1年の時は、どちらかというと仲が悪かったように思います。
口論になることは日常茶飯事。お互い 「うざい」 存在でした。

仲良くなったのは、クラスが離れた2年生になってから。
それからは、どんどん仲良くなり、学園祭を見に行った時もずっとじゃれてました(^^;

入学してからも成績はトップで、どの先生も一目置く頭の良さを持ちながら、人一倍努力家のZ君から、息子はいろんなことを学びました。
勉強だけでなく、精神的なこと、日常のこと、ほんとに沢山のことを。。。

友達の影響の大きさを目の当たりにしました。
当時の担任の先生にも「2年になってから人が変わったように、何もかもが良くなってきてますね!!何かありました??」って聞かれるほどだったので、気のせいではないと思うんです。

「高校も一緒の所を受験しよう!!」と何度もZくんに誘われました。
でも、自信がなかった息子は、別の高校を選択しました。
後に、ちょっぴり後悔を口にすることもありましたが・・・

高校になって、お互い多忙過ぎて、ゆっくり会えることもなくなりました・・・
Zくんの学校の演奏会の次の日、Zくんのお母さんからメールがきました。
「昨日の演奏会の感想で、息子の演奏をを個人的にすごく誉めてあったアンケート用紙があったそうなんやけど。無記名だったけど、あれは間違えなくTくん(息子)の字や!!って言ってやったわ。ありがとう」って書いてました。
息子に確認したら「書いた~。だって、めちゃめちゃ上手やったし!!」って嬉しそうに♪
お友達の素晴しさをちゃんと感想に書いた息子も、無記名でもちゃんと分かってくれたZくんも、なんか友達っていいなぁ~と思いました。


今回も、いっぱい悩んだみたいけれど、相談できるお友達がいることが本当にありがたいと思いました。
そして、私が相談したのもZくんのお母さん。
親子そろって御世話になり過ぎ(^^;

今年の吹奏楽祭は、平日の月末だったので、見に行けませんでした。
そんな時、z君のママが「Tくん(息子)、スタンドプレーもあって、すごく頑張ってやったよ!!大きくならったなーと思ったら感動して泣けてきました」ってメールが。
どうでも良いことは、ベラベラ話すのにそういうことは、教えてくれない息子っち。
スタンドプレー見たかったなー♪と思ったけれど、親の他にもこうして見守ってくれている人がいる事が嬉しく思いました。
私もZくんの将来が楽しみだし、Zくんには日々感謝しています。
良いお友達に恵まれたこと、ほんとに感謝感謝(*^-^*)



Zくんに誘われて入部した吹奏楽部。
息子だけでなく、私もずいぶん楽しませて貰いました。

演奏会もいっぱい見に行きました!!
息子が中学の時には、たくさんの楽しいママ友にも恵まれ、学生時代に戻ったような日々を送らせて貰いました。
高校の定期演奏会では、大きな感動も貰いました。


来年の定期演奏会も楽しみにしていたし、もう息子の演奏が見れなくなると思うとほんとにほんとに寂しいです。。。
でも、1番辛いのは息子です。
息子なりに悩んで出した結論を応援してあげなきゃね!!


明日のコンクールが最後の演奏になるかもしれません。
しっかり見てきたいと思います。
[PR]
by koyata111 | 2012-07-26 18:03 | **ひとりごと**

あと何回…

b0188695_1635485.jpg

学校の二者懇は、特になんの収穫もなく…

わざわざ時間を取ってくださった先生には申し訳ないけれど、往復2時間もかけて行くこともなかったかも(-_-#)


順番待ちの間…
三階の窓から、どこからともなく聞こえてくる吹奏楽の演奏に息子の姿を探したけれど見つかりませんでした(^_^;)



学校に向かうまでの通路が好き♪
あと何回通るかな。


弟の母校でもあるこの高校。
22年前…
きっと母も何度もこの道を通ったんだろうな。
そう思うと、ちょっぴり切なくなります。

母も、この道好きだったかなぁ??



2年の先輩たちは修学旅行中。
ダラダラと部活時間を過ごしてるのかと思えば…
『先輩たちが帰ってきた時に(上達して)驚かそうと、みんなでいつもより頑張ってるねん!!』と。

だった5日でどれだけ上達するかは知らんけど(笑)
今時の高校生は、発想がカワイイなぁ〜♪


日替わり部長代理にも立候補したそうで、いつもより更に張り切って部活に行っている息子であります!(b^ー°)


勉強も、もう少し頑張った方が良いんやろうけど…
とりあえず楽しそうなので良しっ!!




明日は、人間ドック。
初の鼻からの胃カメラ&マンモグラフィに、今からビビッています(^^;
今日は、早く寝よ~~
[PR]
by koyata111 | 2011-11-10 17:35 | **ひとりごと**

*息子のこと*

b0188695_15433083.jpg


息子の電子辞書を買いました。
高いお買い物だけど・・・すごい情報量と機能を考えると安いのかも??


どれが良いのか全く分からなくて・・・
中学校の時に学年で成績がトップだったお友達に、どの機種を使ってるか教えて貰いました。
両親も高校の先生だし、おじいちゃんも教授だというY君と同じのを買っとけば間違いないハズ(^^;


『高校生用』なので、3年後には私が貰お~~♪
と思ったけど、あまり使わなさそうだな(^^;


最近 『もっと学生の時に勉強しとけば良かったぁ~~』ってよく思うことがあります・・・
そんな親の気持ちを察してか、息子っち、すご~~く頑張ってます!!
『これで勉強もはかどる~~』 と電子辞書に満足気。

わずか数ヶ月前、ゲーマー中学生だった息子との変わりように、旦那さんも私も戸惑っています。
最初は『勉強頑張ってるな~~』と喜んでたんだけど、最近は頑張り過ぎていて心配なんです。

目標が見付かったようなので、体調崩さないように見守っていくしかないんでしょうね。
お受験の時にさえ勉強しなくて心配してたのに、まさかこんな心配をすることになるとは・・・


息子が遅くまで勉強していても、私は12時には寝るようにしています。
5時半に起きて、息子を起こすことが私にできることだからね(^-^)ノ


家を出発するのは、6時半。
中学の時は起きていた時間です!!
毎日、4時間くらいしか寝てないんじゃないかなぁ??


疲れが溜まっていても、睡眠不足でも、部活のない休日は、友達とお出掛けします♪
『寝とけばいのに~~』と思うけど・・・
高校生は、元気です!!
中学校からの彼女ともまだ続いているらしいし・・・・


とってもハードな毎日だけど、すごく充実した学生生活を送れているってことなのかな??
すご~~く大変そうだけど、毎日楽しそうな息子であります。


そんな息子の姿に救われている旦那さんと私。
私達も負けずに頑張ろう!!

[PR]
by koyata111 | 2011-09-08 17:41 | **ひとりごと**

将来を考える


夏休みも終わりにさしかかり…


高校で保護者説明会がありました。
大学入試に伴う文理選択についてです。

高校に入学したばかりなのにね(^_^;)
夏休み始まってすぐの二者懇で『休みの間にしっかり話し合って決めてください』って言われてたのに…
まだ決めていません。


肝心な息子も、親である私も旦那さんもよく分かってなかったりして(^_^;)
担任の先生が薦めてくださる『理系』が無難なのかな?


相談してなくても、勝手にいろいろ言ってくださる方々もおられますが…
やはり息子の事を思って言ってくださる言葉は心に響きます!!

悲しいかな、嫌みや不確かな情報ばかり言う人もいる。
実際に頑張って努力してきた方々や尊敬できる人生を送っている人は、絶対にこんな事は言わない!!
分かっているのに… なんかイライラしてしまう自分がイヤ。
息子には『そんなしょうむない事言う人は、ほっとけばいいねん!!適当に聞き流しとき。』って言うくせにね。


精神的に『強くなりたい』と思いつつ、嫌なことがあるとすぐに凹んでしまう(≧ε≦)


息子を信じて、周りに流されずにしっかり考えよう…
『誰かの言葉に つまづきたくない 惑わされたくない… 』
YUIちゃんのTomorrow's wayの歌詞。
いつも頭にあるのに、惑わされっぱなしの私であります。 


『子供を家に置いておきたい。』なんて思わないでください!!と先生がおっしゃったました。
最近は、家から通える大学を希望する子が多いとか。
我が家もその一人だったりします(^_^;)
もちろん息子が家を出ると寂しいのもあるけれど、経済的問題が1番です…
下宿させたら、お金がいくら必要なの~~~???

でも、大学を卒業したら家を出て、しっかり自立して貰いたいです!!
いつまでも実家で甘えた生活はして欲しくはないかな。
そういう子に育てるには、どうしたらいいんだろ??


子育ては、いつの時代も『?』がいっぱいです。


今夜は女子会♪
気分を変えて、元気に楽しんできます!(b^ー°)

[PR]
by koyata111 | 2011-08-27 18:04 | **ひとりごと**

切ない気持


週に4回通うフィットネスには、ご近所さんや知り合い、友達のお母さん…顔見知りがいっぱいです!!


昨日も仲良しの友達のママに出会いました。
『N(友達)は頭痛持ちでよく寝込まあるのよ。あの子の近くにも、もうすぐここと同じのが出来るし、会費はお母さんが払たるから通うように言うてるねん!!』って。

会費を出して貰えるのも羨ましいけれど、こんな風に心配してくれる母親がいるってことがなんとも羨ましくて…

情けない事ですが…
もう40才にもなるのに、こういう時はなんとも切ない気持ちになります。

Nちゃんのおばちゃんが続けて
『p*ちゃんは、早くにお母さん亡くしたから大変やったな。お父さんだけでは、やっぱり気が付かはらんやろ。おばちゃんが、また何かご馳走したるからな!!』って言ってくださったんです。
こんな風に気にかけて貰うと嬉しくて泣きそうになる…

今日も旦那さんは仕事、息子は塾で帰りが遅いです。
母が生きていたら実家に帰ってのんびりしていたかな。

帰る所があるってことは、ほんと羨ましい…
休みがいっぱいある旦那さんを持つ人も羨ましい…
専業主婦も羨ましい…
言い出したらキリがない。

羨んでばかりいても何もならないのは分かってるんだけど…
最近また『お母さんが生きてたらな~』って思うことがよくあってメソメソ。

でもでも、こんな私でも、周りの人には、『悩みは何にもないやろ?』とか『幸せでしょ~?』って言われます。
他人は良く見えるもんなんでしょうね…
うん。幸せいっぱいに見える人も、きっと、言わないだけで、いろんな思いを溜めてるんだろうな…


母が亡くなった40才代に突入した今年は、いろいろ考える年でもあります。
私は、何歳まで生きれるのかな?
母が亡くなった年まで、後9年。


明日は、家族揃ってお墓参りに行きます。
久しぶりの家族揃ってのお出掛けがお墓参り(^_^;)
それも良いか。


明日からは、しっかり気持ちを入れ替えて頑張ろう!!

[PR]
by koyata111 | 2011-08-13 18:28 | **ひとりごと**

長いひとりごと


ここ数日暖かくて、それだけでかなり幸せな気分です♪

早く春にならないかな〜o(^-^)o


この前受けた、健康診断の結果は、『要精密検査』と『要再検査』があった(>_<)
毎年、なんか引っかかるし大丈夫なんやろうけど、一応病院に行った方が良いよね…大人だし(^_^;)


来月オープンするフィットネスも申し込んだし、来年の健診は『正常範囲内』になるよう頑張ろっ!!
まだオープンまで1ヶ月以上あるから待ち遠しいです♪



息子っちは、旦那さんにゲームを没収されました(^_^;)

我が家は私より旦那さんの方がガミガミ言います。
私は、多分あんまり言わないタイプ…
母も『勉強しなさい!』とかあんまり言わなかったし、怒られた記憶もあんまりないです。
すぐにキレる父とは正反対で、母はとっても温厚でした。

で、旦那さんは、義理母さんに、ガミガミ言われてたみたい…

あんまりガミガミ言うと逆効果ですよね~~
だから?息子は、旦那さんにだけ反抗期です(^_^;)


来週の火曜日も、こっそり受験です。
でも、これは受かる確率が『0』に近いんです(^_^;)
母は、とりあえず引率頑張ってきます!!
万が一…合格したらお受験生活もおわるんですけどねぇ。

[PR]
by koyata111 | 2011-02-04 22:26 | **ひとりごと**

**ありがとう**


b0188695_20503178.jpg

昨日は、吹奏楽コンクールがありました。
息子にとっては中学生最後のコンクールです。


なかなか上手に演奏出来ていた気がしたけれど…
残念ながら、今年も予選通過は出来ませんでした。


これで終わりなんだ…と思うとめちゃめちゃ寂しいです。
ママ友さん達とワイワイ言いながら息子の追っかけ、本当に本当に楽しかったな♪


私立中学のイメージに反して、どこの中学よりもボロボロでボコボコの楽器でよく頑張れました!!
お疲れさま。
息子が吹奏楽部に入部してくれたお陰で、母親の私までが楽しい思いをさせてもらえました♪
ママ友さん達との時間は、まるで学生時代に戻ったかのようでした。


いつも素敵な演奏を聞かせてくれた息子達、楽しい時間を過ごさせてくれたママ友さん達、本当に本当にありがとう。




そして、この日の夕方、可愛がっていたハムちゃんの一人も亡くなってしまいました。
2才と2ヶ月…
短命なハムちゃんの中でも、ジャンガリアンは特に短命で、2才でも人間でいう80才を超える年なんだそうです。

でも、小さい時のままのカワイイ顔で眠るように亡くなってしまいました。



息子が中学生になってすぐ『ハムスターを飼いたい!』と言い出しました。
動物がそれほど好きでなかった私は『ちゃんと世話をする』と言う息子の言葉で、渋々同意しました。


我が家にやってきた2匹のハムちゃん。
最初は、家族それぞれ勝手に名前を付けて呼んでいたんですよ(^_^;)

でも、いつの間にか私が呼んでいた【ちいちゃん】と【まるちゃん】に統一されてました。
というのも、一番興味のなかった私が一番ハムちゃんにハマってしまったんです!!

小さくて丸くてちょこちょこ忙しそうに動くハムちゃん達。
それはそれは可愛くて、ゲージを数時間覗いていたこともありました。

よくハムちゃん達に話しかける私に旦那さんは『寂しい人みたいやからハムスターに話しかけるの止めてくれる(^^;』と笑いました。


いつも普通に丸まって眠るまるちゃんに比べ、変な寝方をするちいちゃんには、よく笑わせてもらいました。
滑車の中を走るだけでなく、滑車を手で回したり、滑車の上をそぉ~~っと渡ってみたり、好奇心旺盛なちいちゃんでした。


ハムちゃんの寿命が短いことは分かっていたけれど、うちのハムちゃんはずっと生きてくれるような気がしていました。
今もまだ信じられないけれど…


いっぱいいっぱい笑顔にしてくれたちいちゃん。
まるちゃんが少しでも長生きできるように見守っていてね。



ある漫画に書いていた一文です。
人間は他人の為には絶対に泣かないんだ。もし大切な人を失って泣いたとしても、それは大切な人を亡くした自分が可哀想だから泣くんだ。


とっても悲しいことがあると、この文章を思い出してしまうんです。
ちいちゃんの事を頭に思い浮かべると涙が溢れるけれど、それは自分が寂しいから泣いているのかな?
そしたら、すごい自分勝手だな…


ちいちゃんは幸せだったのかな?
最後は苦しくなかったかな?

ちいちゃんの気持ちは、私には分からないけど・・・ちいちゃんが我が家に来てくれて、私はすごくすごく幸せで楽しかったよ。


ちいちゃん、本当に本当にありがとう。

[PR]
by koyata111 | 2010-07-23 19:23 | **ひとりごと**

**ぶかぶか**

nanatoneさんの7月予約のお洋服が届きましたぁ(*^-^*)
b0188695_2143518.jpg

ボーダーワンピとベストです♪
とっても楽しみにしていたけど・・・
両方ブカブカでした(T T)

すごくカワイイのに・・・
身長が147㎝しかないので、なかなかピッタリサイズのお洋服はありません(><)

青木さんみたいに素敵に着こなしたかったな~~

[PR]
by koyata111 | 2009-10-14 21:43 | **ひとりごと**

**これからもよろしく**


昨日は、旦那さまの38回目の誕生日でした(*^-^*)
18歳から、ず~~と一緒にいるので、19歳のお誕生日から一緒にお祝いしてることになります!!
そう!!今年の誕生日は一緒に迎える20回目の誕生日♪

20年・・・長いはずなのに、振り返るとあっという間ですね(^^;

我が家の旦那さまは、お仕事のお休みがほとんど無くて、泊まりの家族旅行にも行けないし・・・
子供が小さかった頃は、どれだけ土日祝日休みのパパさんを持つ御家庭が羨ましかったか(><)

でも、そんな過酷な状態でも文句も言わず頑張り、いつも優しく気遣ってくれる旦那さんには本当に感謝ですo(^-^)o

老後は、2人でいろんな所に旅行に行くのが夢です♪そ)b0188695_2011424.jpg
のためには、2人とも健康でいないとねっ(^-^)ノ


今週の日曜日は、2人でびわ湖クルージングツアー&ランチに行きます~~♪
抽選で当たったんですよ~~(^-^)v
すごく楽しみ~~♪ と言いたいけれど・・・私船酔い率100%なんです(><)
酔い止めを飲めば大丈夫かなぁ??
楽しみ半分、不安半分です(^^;

[PR]
by koyata111 | 2009-10-01 20:10 | **ひとりごと**